やっぱり家族に一番祝福されたい!家族婚の基本情報を分かりやすく解説!

当サイトはやっぱり家族に一番祝福されたい、という人にお勧めの家族婚の基本情報を分かりやすく解説しています。
大切な家族とともに、最良の日を迎えたいというのであればきっと参考になります。
家族ウェディングの流れはどのようになっているのかも、紹介しているサイトです。
さらに家族のみの結婚式の費用はどれくらいかかるのか、という気になる情報にも触れています。
基礎的なことから押さえておけば、きっと素敵な結婚式を目指せます。

やっぱり家族に一番祝福されたい!家族婚の基本情報を分かりやすく解説!

大切な結婚式には、やはり家族から祝福されておこないたいという人は多いのではないでしょうか。
基本的に家族を中心としたメンバーを招待してする家族婚は、近年増えている少人数ウェディングの1つです。
専門式場やホテル、レストランさらにはゲストハウスなどですることができます。
家族婚はキリスト教式でも神前式でも、人前式でもすることが可能です。
アットホームな雰囲気になりやすく、幸せな一日を家族と共に過ごすことができるはずです。

家族婚の基本的なマナーを確認しておこう

結婚式をイメージすると多くのゲストを招待し、式を執り行うという場合が多くあります。
ただし最近ではより小規模な式として、家族婚も選ばれる傾向の強い式のスタイルの1つです。
新郎新婦の親族や家族のみをゲストで招待するので、気心しれた人達だけで行う事ができる結婚式となります。
そんな中で気になるのが家族婚で着用する服装のマナーですが、少人数だから注意しておく事が大切です。
特に小規模な式を行う場所は様々あるので、式場となる場所なども考慮して服装を選ぶ事が重要となります。
通常であれば基本的なマナーではフォーマルなドレスコードで問題はありませんが、会場などがレストランやゲストハウスとなると多少異なる事も想定されます。
新郎新婦へ直接服装い関して確認してもよいですが、ゲスト側への配慮として招待状に直接服装について一言添えておくなどすると親切です。
親族や家族だからこそ、服装で困った際は悩むのではなくどうするか直接相談するのも方法の1つです。

家族婚で行う挨拶は通常の結婚式と違うの?

家族婚の挨拶は、堅苦しく行う必要はなく集まってくれた家族に対するお礼と、入籍の報告です。
家族にお礼の言葉からスタートして、「夫婦になりました」と籍を入れたことを話します。
かしこまった感じではなく、自分のオリジナルな言葉でお礼をいうのが大切です。
時間は1~2分程度が目安で、その後はリラックスして美味しい料理を食べながら会話をするのが理想になります。
結婚式の趣旨を話すことで、家族は緊張することなく和やかな雰囲気になります。
新郎が代表で行うことが多いですが、新郎と新婦がそれぞれやってもokです。
最後に行われる締めの挨拶は、新郎のケースが多いと言えます。
通常は、スピーチというと文章を暗記しますが、しなくても構いません。
家族婚でメモを準備しておくと安心だという人は、用意しておきましょう。
あらかじめ伝えたい思いがある人は、頭の中を整理しておくことが大切です。
明るい雰囲気にするために、姪や甥に参加してもらうというケースも多いです。

家族婚でも気まずい雰囲気になることってあるの?

両家の家族や親族だけを招待して、アットホームな雰囲気でおこなう家族婚を希望するカップルも多いのではないでしょうか。
この結婚式は二人にとって身近な人たちだけが集まって少人数でおこなうものであるため、気まずい空気になることはないと思われがちかもしれません。
しかし必ずしもそうとは限らないため、これから家族婚の準備をするのであればよく内容を検討して決めることをお勧めします。
温かみがありアットホームな雰囲気が魅力ですが、リラックスしすぎてしまうと人によっては羽目を外して良くない面が出てしまうこともあるかもしれません。
そのようなことを避けるには少人数の家族婚の場合にも、メリハリをつけるようにした方が良いです。
そのためには結婚式らしさのある演出を取り入れるのも良いでしょう。
新郎新婦の誓いの言葉や、両親への感謝の言葉などを発表する場を設けると引き締まります。
また会話がしにくい空気にならないよう、席の配置を工夫したり互いに家族を紹介したりする時間を取り入れるのがおすすめです。

家族婚の招待客はどこまで呼ぶべきなの?

結婚式をするのなら新郎新婦と親しい人たちだけを招待してアットホームな雰囲気でおこないたい、という人は多いのではないでしょうか。
そのような場合に選ばれることが多いのが家族婚ですが、家族という言葉が付いているため招待客はどの程度の間柄の人を選ぶべきなのか迷うこともあるかも知れません。
様々な少人数ウェディングがあるなかでも、家族婚は基本的に新郎新婦の両家の家族や近い親族のみを招待するのが特徴です。
とはいえ必ず家族や親族でなくてはならないという決まりはないので、家族同然の親しい友人を招待することもできます。
また親族であってもあまり日頃付き合いのない関係の場合には、招待しないことがあります。
このように家族婚の招待客をどの程度の関係の人までとするかは、新郎新婦や両家の親の考えによるのが一般的です。
希望に合わせて自由に決めることができるでしょう。
しかし招待しなかった場合には後からフォローをする必要が出てくる可能性もあるので、計画的に決めることが大切です。

家族婚に関する情報サイト
家族婚の基本情報

当サイトはやっぱり家族に一番祝福されたい、という人にお勧めの家族婚の基本情報を分かりやすく解説しています。大切な家族とともに、最良の日を迎えたいというのであればきっと参考になります。家族ウェディングの流れはどのようになっているのかも、紹介しているサイトです。さらに家族のみの結婚式の費用はどれくらいかかるのか、という気になる情報にも触れています。基礎的なことから押さえておけば、きっと素敵な結婚式を目指せます。

Search